森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

ドッグフードのおすすめのメーカーは?

ドッグフードには形態や目的によって非常に沢山の種類があります。
それだけ沢山の種類があるのですから、それを製造販売しているメーカーも沢山あります。
たくさんあるメーカーの中で、どういったメーカーのドッグフードがおススメといえるのでしょうか。
おススメできるメーカーのポイントを解説しますので、ドッグフード選びの参考にしてくださいね。

栄養バランスは優れているか:
犬の性質に合った栄養バランスであるかどうかが大切です。
たとえば炭水化物が多く含まれている物はドッグフードとしては疑問があります。
なぜなら、犬は炭水化物をエネルギーとしてあまり必要としていないからです。
たんぱく質を多く含み、タンパク源として合成物質などではなくちゃんと肉や魚を使っているかどうかを確認しましょう。
犬の体質をちゃんと考えられているメーカーは信頼できるメーカーといえるでしょう。

詳細な表記がされているか:
原材料がちゃんと表記されているのは最低限の条件です。
最近ではほとんどなくなりましたが、昔は「飼料栄養素材」としか表記されていない物もあったようです。
最近の物はそういうことはありませんが。
たとえば、犬にとって重要なタンパク源でもあるお肉を原材料として表記している場合、「肉」と表記されている物よりも「豚肉」「牛肉・鶏肉」といったように、何の肉が使われているかはっきりと記載されているメーカーのドッグフードはとても信頼できると言っていいでしょう。

また、肉や魚以外にも大豆や穀物を使用している場合、古いものを使用していないメーカーの物が望ましいといえます。
なぜなら、原料に保存料の記載が無かったとしても、その素材の保存に防腐剤などを塗布している場合も多くあるからです。
こういった防腐剤などの化学薬品に気を使っているメーカーの物は安心できるといえます。
このように、ドッグフードの情報を詳細に記載しているメーカーのドッグフードは安全面や品質からいってもおススメといえるものと言えます。
http://www.blogsndogs.com/kis.htmlで紹介されているのですが、ドイツは動物愛護先進国で成分規制が厳しいので高品質のドッグフードが多いそうです。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細