森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

年齢ごとに変えていくべき?年齢別ドッグフードの特徴

犬は成長に応じて必要な栄養素や栄養バランスが変わります。
成長段階に合わせたドッグフードを製造・販売しているメーカーも多いですので、年齢ごとにフードを変更することをおすすめします。
成長段階を大きく分けると、仔犬期(パピー)、成犬期(アダルト)、高齢期(シニア)の3段階に分けることができます。
具体的には、パピーは離乳期〜1歳、アダルトは1歳〜7歳くらいまで、シニアは7歳以上の高齢を指します。多くのメーカーはこの3段階で、年齢別フードを製造・販売しています。

パピー用ドッグフードの特徴は消化のしやすさと豊富な栄養素です。
仔犬の時期は消化器が未発達なため、消化しやすいよう工夫がされています。また、急激に骨や筋肉が成長するため、成長期に必要な栄養素も豊富に含まれており、健康な体づくりができます。また、この時期は免疫機能もまだ弱いので、免疫機能を助けてくれる栄養素も含まれています。食べやすいように粒が小さく作られるなど、そのサイズにも工夫が施されています。

アダルト用ドッグフードの特徴として、主に健康を維持するような栄養素がバランスよく含まれています。犬に必要な動物性タンパク質が豊富に含まれているドッグフードが多いです。

シニア用ドッグフードの特徴として、カロリーの低さや消化しやすさがあります。成犬期に比べて代謝が落ちてくる年齢になるので、太りやすくなったり、消化する力が弱まったり、また関節も弱りやすくなったりします。そのため、アダルト用ドッグフードよりもカロリーは低く、消化もしやすく、関節を助けてくれるような栄養素が含まれているものが多いです。
また、病気になりやすくなることから、抗酸化成分を増やしているドッグフードもあります。そして、歯も弱くなるため口に入れやすいサイズや、柔らかく作られているドッグフードもあります。

このように、年齢ごとにそれぞれの体づくりや健康の維持に合わせて作られているため、年齢ごとにフードを変えてあげることはとても良いことです。
多くのメーカーは成長段階を3段階に分けまていますが、さらに細かく設定しているメーカーもあります。
例えば、高齢犬にシニア用ドッグフードを与えたとしても、さらに歳を取ると食べづらくなってしまう場合があります。そのような場合、超高齢犬用というドッグフードを製造・販売しているメーカーもありますので、様子を見ながら変えてあげてもいいかもしれません。

しかしながら、年齢ごとに変更したくない場合もあります。
ドッグフードを変えると食べ付きが悪くなる犬の場合、フードを頻繁に変えることがストレスになります。そのような犬には、全年齢対応ドッグフードも販売されています。全年齢に対応した栄養素が含まれているので、フードを変更する必要がありません。
年齢ごとに変えてあげても、全年齢対応のドッグフードを与えるのも、どちらもいい選択です。犬の性格や健康を考えた上でベストなドッグフード選びをしてあげましょう。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細