森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

動物病院でもすすめるドッグフード

穀物未使用のドッグフード
動物病院では、穀物未使用のドッグフード基本的に推奨しています。
その理由はいたって単純で「犬は肉食動物」であるためです。
犬は肉のようなたんぱく質を消化するのに特化した内臓を持っています。といいますのも、犬の胃には「ペプシン」という消化酵素があり、これがたんぱく質を分解してくれるのです。
しかし、穀物を消化するための酵素は持っていないため、食べた穀物はすべて消化されずに排泄されてしまうか、あるいは宿便として腸内に残り、便秘の原因になります。コレでは体に良くありません。
ですので、動物病院がドッグフードを推奨する際には犬の健康を保つため基本的な条件でもある「穀物が使われていないフード」ということを前提にしているのです。


肉の比率が大きい、高たんぱくなフード
また、肉の比率が大きいフードも動物病院では奨められています。
先述のように、犬はたんぱく質を分解するのに長けた動物なので肉の比率が大きいフードは内臓に優しく、犬の健康に良いといえるのです。
そして、犬の健康に取ってはたんぱく質はもっとも重要な栄養素です。
何故ならば、犬の骨格や筋肉などの成長過程でたんぱく質は必要不可欠であるからです。
そのため、たんぱく質を多く取り入れるということは犬の身体機能を高めることにもつながります。
犬も歳を重ねていくと運動機能が低下していきます。しかし、長年たんぱく質を多く摂取していると筋肉や骨格が丈夫になり、老犬になっても元気に走り回っていられるほどの健康を保つ事が出来るのです。
そして、高たんぱくなフードは毛並みも良くしてくれます。
体毛も骨格や筋肉と同じくたんぱく質で構成されています。そのため、良質なたんぱく質を摂取していると毛並みも良くなるのです。
以上の点から、動物病院では肉の比率が大きいドッグフードを推奨しているのです。


オーガニックドッグフード
動物病院では、オーガニックドッグフードも推奨されています。
自然由来の成分で構成されたオーガニックドッグフードは犬の食いつきも良く、また余分な成分が入っていないため健康にも良いです。
特に、子犬にはオーガニックドッグフードは食事に対する様々な耐性(オーガニックドッグフードは、自然由来の添加物が入っているため、添加物に対する耐性をつけられる)をつけていくのにもっとも有効なのです。
アレルギー防止にも効果があり、ドライタイプからセミドライ、レトルトなど様々なタイプのオーガニックドッグフードがある為多くの犬種や各年代別に合うオーガニックドッグフードを選ぶことが出来ます。


無添加ドッグフード
動物病院が奨めるフードの中でも定番といえるのが、無添加タイプのドッグフードです。
一般のショップでも無添加のフードは販売されていますが、実は穀物が入っていたりアレルギーになりうる材料(例えばトマトは、アレルギーの原因になりやすい)が入っていることが多々あります。
しかし、動物病院が奨めている物はそういった面を考慮して選んでいるため危険性はありません。
無添加であることは決してイコールではないため、選ぶのが難しいです。
ですので、動物病院で推奨されている物は無添加ドッグフードを選ぶ基準にもなります。


ドイツ産のドッグフード
ドイツ産のドッグフードは、上記の条件の殆どをクリアしている物が大変多いです。
そのため、動物病院ではドイツ産のドッグフードを推奨しているところも少なくないのです。
といいますのも、ドイツではドッグフードの規制が非常に厳しいです。
無添加、ヒューマングレードであることは当然として、例えば使われている肉の部位まで厳しく規制され、それぞれ危険度順にランクわけされています。
そのため安全性が極めて高く、動物病院でも推奨されているのです。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細