森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

ドッグフードの質が体調不良の原因にもなり得る?

ドッグフードは、犬に必要な栄養を体に補給してくれる重要なものです。現在食べているドッグフードが体質に合わない、あるいは質が悪いものであれば、体調不良の原因ともなります。
安価なドッグフードは質が悪いという印象が強いため、高額なドッグフードであれば大丈夫だろうと思っている方もいるかもしれませんが、高級フードの全てが安心できるものかというとそうではありません。
プレミアムドッグフードはタンパク質がメインのフードでありますが、含まれているタンパク質が愛犬に合っていないと、涙やけや目ヤニの原因になり涙管を塞いでしまうこともあります。このような症状が出たときはタンパク質の種類を他の肉魚類に変更する必要があります。

肥満は食べすぎや運動不足ばかりが原因ではありません。普通に食べて、普通に運動しているのに太るということがあります。それは、脂肪分の多いドッグフードを与えているからです。肥満の状態であれば、減量用のドライフードに変えた方がいいでしょう。肥満は万病のもとというように、心臓や腎臓などの内臓から関節にまで負担をかけますので、愛犬を苦しませるだけです。

ドッグフードによる下痢も多いのですが、過食や脂肪分の多い食事、いきなりフードを変えたなど飼い主のフードの選び方・与え方に問題のあることもあります。
愛犬に適したフードを適量を与えるというのは飼い主の義務です。デリケートな犬が新しいフードをすぐに食べてくれたとしても、胃や腸などの内臓はすぐには対応できませんので、身体に負担をかけることになります。
ただ、食物アレルギーは飼い主ばかりの責任とはいえません。長年食べてきた食事を体が受け付けなくなることは予想できません。下痢ばかりではなく、嘔吐や皮膚のかゆみがあったりもしますので、他の病気だと思われがちです。
食物アレルギーは犬に多く、普段食べていた食事に対して起こります。免疫系の異常反応で、毎日同じ食事をすることでアレルゲンを蓄積し、それに対する反応が現れるということです。愛犬が毎日同じフードを美味しそうに食べてくれるから、ついつい、それだけを与えていることが多いものです。しかし、アレルギー反応を起こさないようにするには、バラエティーに富んだ食事が効果があるといわれています。メインのフードを複数にしたり、ウェットフードや手作りのフードなどをトッピングしたりと、愛犬がもっと喜ぶようにすると、同じアレルゲンの蓄積を予防する効果が期待できるということです。
犬の体調はドッグフードの選び方、与え方が大きく関わっています。美味しく食べて健康でいられるように食事を工夫してあげましょう。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細