森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

猫がドッグフードを食べてしまいました。

ドッグフードとキャットフードは形態もよく似ていますので与える時に間違ってしまう事もあるでしょうし、猫ちゃんがワンちゃん用のドッグフードを食べてしまうこともあるでしょう。
猫がドッグフードを食べてしまっても大丈夫なのでしょうか。
一般的なドライタイプのドッグフードでは殆ど心配がないでしょう。
ただし、ドッグフードがキャットフードの変わりになるというわけではありません。

猫と犬では必要としている栄養素がまったく違います。
ですので、猫に必要な栄養分がドッグフードには含まれていない事も多く、継続的に猫にドッグフードを与えた場合は悪い影響があらわれる可能性があります。
特に重要なのがタウリンです。
犬はタウリンを必要としていない為、もちろんドッグフードには含まれていません。

一方猫にとっては重要な栄養素であり、欠乏すると心不全などの原因にもなってしまいます。
ですので、決して常食としてドッグフードを猫に与えてはいけません。
あくまでも食べてしまっても問題が無いだけであり、継続的に食べても問題がないというわけではないという事を覚えておきましょう。
ドライタイプのドッグフードは猫が食べたとしてもただちに健康に影響が出るわけではないのに対し、ウェットタイプの物はすこし事情が変わります。
犬と猫では害になる食材の種類も違います。

犬がタマネギなどのネギ科植物が毒になるのに対し、猫はイカなどを与えてはいけないとされています。
そういった食材の差がウェットタイプには出やすいのです。
それはウェットタイプが食材を保ったまま作られていることが多いためです。

ですので、ウェットタイプの物の場合、使用原料の中に猫にとって有害な物が含まれていないか確認しましょう。
また、購入する際はあらかじめ確認しておく事によって、誤食の際の心配を減らすことができます。
犬と猫を一緒に飼っている場合はお互いに害になる素材を使っていないかに気をつける必要があります。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細