森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

糖尿病の犬に与えるドッグフードは?

穀物の含んだフードを避けることで糖質制限になる
糖尿病にかかっている犬に、穀物の含んだフードを与えることはタブーです。
なぜなら穀物には糖質が多く含まれているため、食べると血糖値が上昇してしまうからです。
糖尿病における食事療法の基本は、この糖質をコントロールするということにあります。
特に犬の場合は、本来は肉食動物なので糖質を摂取してなくても何ら問題はないのです。
しかし野菜から消化酵素であるペプシンを取り入れる必要が出てくるため、その際にどうしても糖質を摂取してしまいます。そういったことも踏まえて、普段日常的に食べるフードには穀物が含まれていないものを選ぶのが好ましいのです。 今現在は、そういった穀物が少ないフードは一般的にも普及しているので、購入することはそんなに難しくないです。


肉の比率が大きいフードを選んで健康を保つ
そして、肉の比率が大きいフードを選ぶことで健康を保っていく必要があります。
先ほども申したように犬は肉食動物であるため、肉の消化が効率はかなりいいのです。 そのため犬にとって肉は、内臓の負担がかなり軽い食べ物なのです。
糖尿病になると、食事の際に内臓への負担が大きくなることが多いです。 なぜなら糖尿病になると、 何かを食べた際に血糖値が上がり血液がドロドロになるので毛細血管が傷つけられます。
当然のことながら内臓にも毛細血管は通っているので結果的に内臓が傷つけられることになるのです。
しかし肉の多く含まれたフードであれば穀物の量は少ないので、食事の際に血糖値が上がるということはほとんどなくなります。
ですので、糖尿病にかかってしまっている犬に肉の多く含まれたフードを与えるのは良いことなのです。


おやつを与えるのはなるべく避けたほうがいい
糖尿病にかかっている犬におやつを与えるのは、なるべく避けた方が良いでしょう。
なぜかと言いますと、おやつを食べることで胃が大きくなり、食事量が多くなってしまうからです。
先ほども申しましたように、糖尿病になると食事の際に血糖値がどうしても上昇してしまいますので食事量が増えることは危険なのです。
さらに、おやつを食べた際にも毛細血管が傷つき、体への負担が大きくなってしまうのです。
糖尿病は他の病気にもかかりやすくなる病なので、そういった状態を避けるためにもおやつを与えない方が良いのです。 もし、どうしても食事量が足らないという場合には、固めのジャーキーなどを与えると良いでしょう。
硬いジャーキーであれば、食べきるのに時間がかかるので満腹感を得られやすいです。 また、穀物が全く使われていないので血糖値が上がるというリスクを抑えることもでき、日常的に食べるフードの量を制限することにもつながります。


ドライドックフードで食べるスピードを制限する
糖尿病になってしまっている犬に与えるドッグフードはドライドッグフードを選んだ方が良いです。
なぜなら、ドライドッグフードは硬いため食べきるのに時間が長くかかるからです。 固いと噛む回数が増えます。
すると人間と同じように満腹中枢が刺激され、少ない量でも満足できるのです。 逆にレトルトタイプや缶詰タイプは柔らかいため、すぐに食べ切ってしまうためどうしても食事量が多くなってしまいます。
ですのでこれらウェットタイプのドッグフードは、糖尿病にかかってしまっている犬には不向きなフードであると言えます。
そしてドライドッグフードを選ぶ際にも、ホームセンターなぜ売られているものは穀物が多く含まれているものが多数あるので、かかりつけの獣医におすすめを聞いて買うことをお勧めします。


手作りのドッグフードを与える際は果物を使用しない
糖尿病にかかっている犬に手作りドッグフードを与える飼い主が多いですが、果物は避けた方が良いと言えます。
果物にも消化酵素であるペプシンが多く含まれているため、手作りドッグフードの際にはこの果物をおやつとして与える 飼い主は多いです。
しかし果物には糖質が多く入っているため、与えてしまうと血糖値が急激に上昇してしまいます。
ですので手作りドックフードで糖尿病と付き合って行く場合は、果物ではなくて野菜から消化酵素を取り入れることが良いです。
手作りドックフードですと高タンパクで低脂質、そして低糖質という3つの要素が実現できる為、糖尿病には向いている食事療法であると言えます。
しかし、果物のように糖質の多い食べ物を使ってしまうと逆に血糖値が上がる結果になるので、材料はよく考慮して使った方が良いでしょう。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細