森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

犬種によってドッグフードの好みはあるの?

犬種によってドッグフードの好みはあるのでしょうか。
犬種はもとより、ワンちゃん1匹1匹でもちろん好みの差があります。
ただ、犬は人間に比べて味ではなく、ニオイで好き嫌いに差が出やすいといわれています。
人間に比べて発達した嗅覚を持っているのがその要員のひとつとなっているといえるでしょう。
もちろん味にも好みがあり、犬は甘みのある物を好むという傾向があります。

また、味の強いものの方が食いつきがよいことも多いです。
嗅覚は人間よりも発達していますが、味を感じる味覚に関しては人間よりも味を感じ難いといわれています。
ですので、味が強いほうが味を認識しやすいのでしょう。
さらに重要なのが「硬さ」です。
人間以上に犬は「食べにくい」と感じた物を嫌います。

ですので食べやすい形態のもののほうがよく食べるという事が多いのです。
顎の力が弱い小型犬は弾力が強く硬いドライタイプのドッグフードを食べない事も多いようです。
おやつ用で肉巻きガムなどでも芯の部分だけを食べずに残す事も多いです。
特に、普段からドライタイプを与えていて、一度柔らかいウェットタイプに変えたらその後ドライタイプのドッグフードを食べなくなるという事も良くあることです。
一方身体の大きな犬種はあまり硬さによる好みに差がありませんが、それでもウェットタイプのような柔らかくて食感が良い物の方が食いつきが良いです。

つまり、犬種による好みの差というよりは、身体の大きさによっての好みの差の方があるといえるでしょう。
好みの差は生まれてからの食べ物でも差がつきます。
やはり最初に食べたものが安定して食べるという意見も多くあります。
年齢や体調からドッグフードを変えるときは、いきなり替えるのではなく、最初は混ぜるなどして徐々に変えていくとワンちゃんにも無理なくドッグフードを変えていくことが出来ます。
また、ご褒美と食事はきちんと分けることで好き嫌いを増えるのを抑えることもできます。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

その他