森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

ドライのドッグフードはダニに注意

ドライのドッグフードは、水分量が少なく保存しやすく、価格的にも安いことから、主食として利用されます。
しかし、開封した瞬間から酸化は始まりますので、愛犬のためにも適切に保存することは大切です。適切でないと、コナダニが発生する可能性があります。
コナダニは、小麦粉などの粉類に発生する0.2〜0.5oほどのダニです。小さく白色なので気づかないうちに大量に増えてしまいます。小麦粉などよりも栄養成分の豊富なドッグフードの方が、短期間で増殖しやすい環境です。
とくに、梅雨などの気温や湿度の高い時期は増殖しやすくなります。コナダニはアレルギーの原因となる可能性もありますので、ダニが発生しないようにしっかり保存する必要があります。
開封後は口をしっかり閉めて袋ごと密閉容器に入れるか、ジッパー付きの袋に小分けして密閉容器に入れ、風通しのいい冷暗所に保存します。梅雨などは、小袋や小さ目の密閉容器に乾燥剤や脱酸素剤と一緒に入れ、冷蔵庫に保存するのもいいでしょう。
ドッグフードには天然のものであれ、化学合成されたものであれ、抗酸化剤や保存料が含まれています。これらの成分は、成分自体が酸化することによってフードの酸化を抑えています。その効力は永遠のものではなく、限られたものです。環境によっては、酸化が早く進むことがあります。効力が失われることによって、ダニが繁殖してしまうのです。
ですから、保存は2次的なことです。
まずは、愛犬が短期間で食べきれる量のドッグフードを購入することです。大袋のフードに比べると割高になりますが、愛犬がおいしく食べて健康でいられる方が大切です。長期に保存することは、どのような保存方法であっても徐々に風味は失われていきますので、おいしい食事とはいえません。
安いからと大量に購入する際も、賞味期限を確認し、期限ぎりぎりのものは避けましょう。大袋のフードであれば、個別包装で小分けされているものを選びます。保存する必要がなく、新鮮さを保つことができます。
わずかな金額で得した気分になるよりも、愛犬がおいしく食べて健康な方がうれしいものです。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細