森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

ドライタイプのドッグフードと缶詰タイプのドッグフードどちらが良いの?

ドッグフードにはドライタイプのものと缶詰のもの、いわゆるウェットタイプのものがあります。
それぞれ特徴もメリットも違いますが、どちらの方が良いのでしょうか。
まずはドッグフードには常食という一番重要な役割があります。
毎日食べる事になりますので、栄養バランス、カロリーなどがしっかり配慮されている必要があります。

そういった点からいえば、常食にはドライタイプのドッグフードが良いといえるでしょう。
ドライタイプのドッグフードは栄養バランスに加えて栄養価も高く、保存性も高く一食あたりの価格も安いというメリットがあります。
また、量によってカロリーコントロールを行いやすいというメリットもありますね。

高い栄養価とバランスの良さ、保存性や価格から常食にもっとも向いているドッグフードのタイプといえるでしょう。
ただ、ワンちゃんの好みに合わなければ食べてくれない事もよくありますので、ワンちゃんの好みに合わせたものを探してあげる必要があります。
嗜好用として向いているのはウェットタイプ(缶詰)のドッグフードといえます。
ドライタイプのドッグフードは様々な原料を混ぜ合わせたペーストを乾燥させて粒上にしてるものですが、ウェットタイプのドッグフードは食材の形が残っていたり、素材そのままの食感を感じる事が出来ます。

その為ワンちゃんの食いつきが非常によいというメリットがあります。
また、水分が多く柔らかい為、ワンちゃんにとってもとても食べやすいので、子犬や顎の力が弱まった老犬も食べてくれやすいといえます。
ただ、デメリットとして挙げられるのは、食品添加物が多く使用されている物が多いという点です。
また、栄養バランスの面ではドライタイプのドッグフードに比べて不足している栄養素があるなど、決して常食に向いているとはいえません。
このように常食に向いているのはドライタイプのドッグフードであり、ご褒美や嗜好用として向いているのが缶詰(ウェットタイプ)のドッグフードといえます。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細