森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

ドッグフードに使用される着色料の目的と危険性

ドッグフードには多くの着色料が使用されており、大きく分けるとドッグフードに使用される着色料は、天然着色料と合成着色料の2種類があります。
着色料の使用目的は、見た目を美味しそうに見せるためです。
カラフルな色をしていると、人間は野菜や肉が使われ栄養的に良さそうなイメージを持ちます。
しかし、犬は色を識別する能力が人よりも低く、嗅覚で「美味しそう」と判断する動物です。
つまり犬にとって着色料は無意味なものなのです。また、実際は、粗悪で見た目の悪い原料を使っているとドッグフードを誤魔化すために使用される場合もあり、着色料は犬にとって百害あって一利なしです。

ドッグフードに使用される着色料は、天然着色料よりも合成着色料を使用している場合が多いです。その理由として、天然着色料よりも合成着色料の方が低コストであることが挙げられます。
合成着色料は日本で人用で使用が認められているものを、ドッグフードでも使用される場合が多いです。しかしながら、日本で使用が許可されているとしても、海外では使用禁止されている着色料も多く、日本は基準で許可されているだけで危険性があるのには変わりがありません。

天然着色料は、クチナシ・パプリカ・紅花・カラメル・ウコン・赤キャベツなどの植物を使用される場合が多く、生物にとっては無害な場合がほとんどです。

日本で認められて使用されている合成着色料は、赤色では、赤色2号・赤色3号・赤色40号・赤色102号・赤色104号・赤色105号・赤色106号、それ以外の色では黄色4号・黄色5号、緑色3号、青色1号・青色2号の12種類あります。

この中でも、赤色2号は発がん性が認められています。赤色2号は、発がん性に加え染色体異常、血球数減少、成長抑制などが認められていて、アメリカでは使用禁止とされています。
赤色40号・102号はアレルギー反応が認められていて、特に赤色102号は、アメリカ、カナダ、ベルギーでは使用禁止とされています。
赤色104〜106号と、発がん性や染色体異常、遺伝子損傷性などが認められていて、日本以外の国ではほとんど使用禁止とされています。
黄色4号は、じんましん、黄色5号は、発がん性や喘息が認められています。
緑色3号は、発がん性や染色体異常が認められていて、アメリカとEU諸国では使用禁止とされています。
青色1号も、発がん性でEU諸国では使用禁止とされています。青色2号は染色体異常が認められています。

このように、合成着色料は日本で認められていたとしても、海外ではその危険性が認知され、使用を禁止されているものも多いです。そのような合成着色料を摂取し続けると、何らかの悪影響が体に起こる可能性があります。犬はドッグフードを、毎日食べ続けるものです。飼い主が正しい知識をもって、合成着色料不使用のドッグフードを与えることをおすすめします。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細