森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

外国産のドッグフードは安全?

国産のドッグフードについて
【国産】と聞くと、安心・安全というイメージを持つ人が多いため、ドッグフードも外国産より国産の方が良いと思う飼い主さんも多いでしょう。事実、国産の製品は品質が良く世界各国でもその良さは知られているため、当然のことと言えます。
しかし、ドッグフードに関しては少し違います。日本ではドッグフードは食品ではなく雑貨に分類されているため、私たち人間が口にする食品には使用できない添加物などもドッグフードには使用できるという問題があるのです。
また、アメリカやイギリスなどのペット先進国と比較すると、日本はまだまだ追いついていないのも現状です。


外国産のドッグフードが良いと言われる理由
ドッグフード売場を見ると、国産より外国産のドッグフードが目立ちます。また、ドッグフード選びもついつい外国産に目が行ってしまう人も多いのではないでしょうか。それでは、なぜ外国産のドッグフードは人気なのでしょうか。それは、ペット先進国であるからこを、ドッグフードの添加物に関して基部しい規制があるからです。
アメリカやイギリスでは、日本以上に【犬は家族】という意識が高く、その結果がドッグフードの成分にも影響していると言えます。また、犬は家族だからこそ、自分たちが食べられない添加物を、愛犬には食べさせたくないという意識が働くのかもしれません。
日本でも、最近は【犬は家族】という考えが浸透してきたため、外国産のドッグフードが選ばれるようになってきたのでしょう。


外国産のドッグフードで注意すべき点は
ここで注意しなければならないのが、外国産のドッグフードの流通経路です。どんなに安全な外国産ドッグフードであっても、流通経路によっては質が落ちてしまう可能性もあります。例えば、コストを削減するために船便を使用した場合、時には船倉が高温多湿状態になることもあります。そうなると、質が落ちてしまい愛犬が口にする頃には状態が良くなくなっていることも少なくありません。こうしたデメリットを防ぐためにも、外国産のドッグフードを購入する場合は、正規輸入品を選ぶことをお勧めします。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細