森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

ドッグフードに使われる穀物の種類

ドッグフードに使われる穀物には、トウモロコシ、小麦、大麦、米、玄米、大豆、さつまいもなど多くの種類があります。
本来肉食の犬にとって穀物はそれほど重要なものではなく、むしろ、消化する酵素を持たないため苦手な食材といわれていました。
肉よりも安価な穀物を多く含むドッグフードは、嵩増しのために穀物を多く使用している粗悪品などという的外れの批判も多く聞かれます。
しかし、それぞれが豊富な栄養素を含み、犬の健康に優れた食材だから、適切な配分を考えて使用されています。
使われることの多い主要な穀物を見てみましょう。
トウモロコシは、炭水化物と若干のタンパク質を含み、犬のエネルギー源となります。
ビタミンやカロチンなどの栄養素も他の穀物より多く、収穫量も多いため、ペットフードにも多く使われています。
小麦は、エネルギー効率はトウモロコシほどではありませんが、タンパク質、ビタミン、ミネラルを含み、トウモロコシとともに、ドッグフードの粒の形成に役立っています。
大麦は、ビタミンや食物繊維を豊富に含む栄養価の高い食材で、腸内環境を整えるのに役立っています。
アレルギーを引き起こすグルテンをほとんど含んでいないため、プレミアムフードなどにも使用されています。
米は、消化吸収性の高いアレルギーになりにくい食材です。
効率良くエネルギーに変換される優れたエネルギー源です。
玄米は、消化性は良くはありませんが、ビタミンやミネラル、白米の4倍といわれる豊富な食物繊維、抗ストレスさようの期待できるギャバなどを含む栄養価の高い食材です。
大豆は、「畑の肉」といわれるように、必須アミノ酸リジンを多く含む優れた食材です。
タンパク質と油脂を含むドッグフードの重要なタンパク源となっています。
さつまいもは、ビタミンや食物繊維を豊富に含んでいます。
強い抗酸化作用を持つビタミンCやE、タンパク質がエネルギーに変換されるのをサポートするビタミンB6。
耳慣れない成分ヤラピンは、胃の粘膜の保護や食物繊維とともに腸の蠕動運動を促進して腸内環境をサポートします。
これらの他にもいろいろな穀物が使用されています。
それぞれが犬の健康にとって大切な働きを持っています。
気になる成分は、ちょっと調べてみるのも愛犬のためです。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
キングアガリクス100

画像
サプリランキングNo.2
ビオワンファイン

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細