森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

動物病院のドッグフードとペットショップのドッグフードの違い

ドッグフードには動物病院などの専門家によって推奨されていたり、販売されているいわゆる動物病院のドッグフードとペットショップなどで手軽に購入できるドッグフードがあり、それぞれ特徴やメリットが違っています。
ここでは、これら二つの違いを解説します。


動物病院のドッグフードとは?
動物病院のドッグフードの特徴は長期間にわたって与えた結果データを元に、犬種や体格、体調や状態に合わせてそれぞれ専用に成分や原料を調整されているという点があります。
たとえば、一見カロリーの差しかないように思える仔犬用と成犬用のドッグフードでも、動物病院のドッグフードでは使われている原材料から違っており、かなり細かい項目に渡り調整されているのです。
そのため、状態に合わせてベストといえるドッグフードを選ぶ事ができるというメリットがあるといえます。
また、健康面でも状態に合わせて必要な成分で構成されていますので、健康維持の面から言ってもメリットがあるといえるでしょう。
ただ、一般的に販売されているドッグフードに比べて販売されている場所が限られていたり、価格が高いというデメリットがあります。
そのため手軽に購入し難いのが難点ですね。


ペットショップのドッグフードとは?
一般的に販売されているドッグフードがこれにあたります。
非常に種類が多く、あらゆる犬種や体格、年齢にあわせた物がありますが、多くが使われている原材料の量の差で対応されている物が多く、それらの調整精度でいえば動物病院のドッグフードにくらべて劣っているといえるのではないでしょか。
ただ、価格は安く設定されていますし、価格に対して安全性も、ドッグフードとしての性能も高いといえますので、コストパフォーマンスで言えば動物病院のドッグフードに比べて高いのがメリットといえます。
このように動物病院のドッグフードとペットショップのドッグフードには特徴やメリットに違いがあり、一長一短があるといえます。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細