ドッグフードの種類

ドッグフードには目的や形態によって様々な種類があります。
ドッグフードは愛犬にとって大切な食事となるものですので、目的や犬の身体に合った物を選んであげましょう。

ドッグフードの形態の違い:
ドッグフードにはhttp://xn--qckubrc3d4m.name/4type.htmlにもかいてありますが、
ドライタイプ、ウェットタイプ、セミモイストタイプ、ソフトドライタイプの4種類があります。

ドライタイプとは乾燥した固形の物です。
もっとも一般的に与えられているドッグフードといえるでしょう。
保存性、栄養価が高く、歯の健康も保つという長所があります。
ウェットタイプはいわゆる缶詰のドッグフードです。

ドライタイプのドッグフードに比べて素材の食感や風味が感じられますし、犬の好みに近いので食いつきが良いというメリットがあります。
セミモイストタイプのドッグフードはドライタイプとウェットタイプの中間の物です。
ドライタイプは日数分をストックできますので常用食に向きますし、ウェットタイプやセミモイストタイプはご褒美や食欲が無い時に向いています。
また、人間の食事でいう所の「総合栄養食」タイプの物もあります。
これは、水分とこのタイプを摂っていれば、健康維持ができるように計算されている便利なものです。
全米飼料協会が設定している基準をクリアし、認証されたもののみ総合栄養食として扱われていますので、安心して与える事ができます。

犬の状態でのドッグフードの違い:
人間と同じで、犬にも年齢や状態によって食事の向き不向きがあります。
仔犬用の物は、食事量に対して多くのカロリーを必要とするため、高カロリーに設定されています。
成犬用の物は含まれる栄養分もカロリーもフラットな設定になっています。
犬の体重によって与える量を調整する事で健康を維持する事ができます。
老犬用の物は消化が良い物を中心に作られています。

過剰な栄養分はからだの負担になるため、栄養分も抑え気味に設定されています。
他にも、肥満用の低カロリータイプの物もあります。
このように、犬の状態や目的にあわせて、非常に多くの種類がありますので、愛犬に一番あったものを選んであげましょう。
愛犬の年齢ごとにおすすめのドッグフードがこちらで紹介されています。
選ぶときの参考になると思います。

安すぎるものにありがちですが、含まれている成分でアレルギーや病気を起こしてしまうワンちゃんもいます。
そうならないためにも未然に防ぐポイントを理解していると良いでしょう。
病気を未然に防ぐポイントはhttp://xn--qckubrc3d4m.asia/23.htmlです。

Copyright (C) 愛犬の体調管理 All Rights Reserved.