森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

ドッグフードはメーカーごとにどう違う?

販売している場所によって大きく異なってくる
ドッグフードのメーカーも多数ありますが、販売している場所によって大きく違ってきます。ドッグフードの購入場所として浮かぶのが、ペットショップとホームセンターです。
ホームセンターでは、主に人間で言うところの業務用食品のように「量が多く価格が安い」物が販売されています。
つまり、ホームセンターで販売されているドッグフードの顧客ニーズがそうであることを示します。
すべてとは言いませんが、価格が安いため穀物が含まれているような粗悪なドッグフードである可能性もある為、ホームセンターで購入する場合は注意が必要です。
一方、ペットショップで販売されている物は価格も高めに設定されています。そして量もさほど多くはありません。それだけでなく、ペットショップで販売されているということは「ペットショップの人間のメガネに適った」フードであることを意味します。
つまり、ペットショップで販売しているフードはある種専門家から見ても安全であると認められたフードであるといえ、メーカーもまた信頼性が高いといえるのです。


一般流通していない、獣医と半ば提携しているメーカー
中には一般流通していないフードもあります。例えば獣医が推奨しているメーカーのフードです。
コレは別に、メーカーが獣医に賄賂を渡しているという物ではなく、獣医は犬に投薬する場面がいくつもあります。
そのため、その薬と相性が良いフードが必要になってきます。
そういったフードは無添加である物が多く、そして品質もかなり良いです。
当然普段使いも可能ですので安全性もきわめて高いです。
ですので、獣医に卸しているようなフードを販売しているメーカーは一層安全性が高いといえるのです。


一つの考え方に特化したものを販売しているメーカー
また、メーカーの中には一つの考え方に特化したフードを販売しているところもあります。
例えば「オーガニック志向」です。オーガニックの志向を持った人はあらゆる物をオーガニックでそろえます。
当然のことながらドッグフードにもオーガニックの物を選びます。このとき様々な形態のフード、例えばオーガニック以外にも添加物が含まれているフードを販売しているメーカーは、一部のオーガニック志向者から避けられる場合があります。
どういった人から避けられるかといいますと、それはアレルギーを避けるためにオーガニックフードを選んでいる人です。
アレルギー発症の原因として、化学成分由来の人工物が原因であると提唱する学者の派閥が存在しており、これを信じている人はたとえフードそのものがオーガニックであったとしても同メーカーがオーガニック以外を販売していた場合信用性に欠けるということで避ける傾向にあるのです。
そういった顧客を取り込むために、オーガニックだけのものを販売するメーカーも多数あります。
特にオーダーメイドのドッグフードを販売するメーカーがそれに当たります。


有名メーカーと小規模なメーカーの利点と欠点
有名メーカーと小規模なメーカーにも、それぞれ利点とリスクがあります。
有名メーカーの場合、企業としての歴史が長いことが多いため長年の販売実績からくる膨大なデータがあります。
それによって、安全性を確保しているといえます。
しかし一方でリスクも存在します。それは、有名なメーカーになると販売する量も多くなるため、どうしても不良品が出てくるというリスクがあるのです。
もちろん検品は行われますが、実際のところ販売するフードのすべてを検品する企業というのはかなり少ないです。コレは日本だけでなく、特に海外では「いくつかをランダムに選んで検品し、すべて問題が無ければ売り出す」という手法をとっています。
小規模メーカーの場合、販売する量も少ないためかなりの量を検品することが可能であるため安全性が高いです。
しかし、小規模であるがゆえにどこでも購入できるという物が少なく、かなり高額になってしまうものもあります。


日本国外を販売対象としているかどうかで安全性も変わる
また、海外で販売されているかどうかでもかなり変わってきます。
何故かといいますと、海外では販売基準が日本よりも厳しい場合が多いからです。
特にドイツは無添加はもちろんのこと、使われている肉の部位によって危険度を分けているためかなり厳しいです。
ですので、ドイツでも販売実績があるメーカーは安全性がかなり高いといえるのです。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細