森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

ドッグフードの適量は犬種によって違いますか?

ドッグフードの一食あたりの量は犬によって違います。
厳密に言えば、ドッグフードには形態別に、年齢・目的にくわえて犬種によって適切なタイプがあります。
主に犬種のサイズで分けられていますが、そもそも一食あたりの量がちがいます。
一般的にドライタイプのドッグフードは100ぐらむあたり350キロカロリー前後に設定されています。

ドッグフードは内容よりも量で栄養分やカロリーをコントロールする必要があるのです。
犬種(サイズ)ごとの目安量を紹介しますので参考にしてください。
成犬用ドライタイプのドッグフードで、100グラム350キロカロリーとした場合、チワワやミニチュアダックスフンドなどの小型犬は一食あたり体重の1パーセント〜2パーセントほどにあたる分量が適切な量となります。

ですので、例えば体重4キロのチワワの場合、40グラム〜80グラムとなります。
ダルメシアンや柴犬などの中型犬の場合は体重の1パーセント〜1.5パーセント、体重10キロのダルメシアンの場合、100グラム〜150グラム。
ゴールデンレトリバーやそれ以上の大型犬の場合は体重の1パーセントほどで、体重40キロの場合、400グラム前後が目安量となります。
ただ、これはあくまでも目安の量であり、必ずしもこれらの量が適切とはいえません。

体調や年齢に大きく作用されますし、運動する機会が多い犬は筋肉量が多いですのでより多くのカロリーが必要となったり、高齢によって食事量が落ちてきている場合は量が多すぎて身体の負担になる可能性もあるのです。
食事量は計量カップなどを使えば一定の量に固定する事ができますが、犬の体調は一定というわけではありません。
ですので常に動作や食べ方、体重などに気をつけてあげましょう。

特に、定期的に体重は量っておくのをおススメします。
食事の量があっているかどうかが一番はっきりとわかりますのでとても大切な事といえます。
また、便が硬ければ食事量が少ない、便が柔らかければ多いといえますので、目安にしましょう。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細