森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

おすすめドッグフードの原料

魚が原料に使われているフードはダイエット効果アリ
魚が原料として使われているドッグフードには、ダイエット効果があります。
何故かといいますと、先ず挙げられるのがカロリーの低さです。魚肉は畜産肉に比べると脂質が低くいのです。ですので肉に比べるとカロリーが低く、更に肉と同じく高たんぱくですので体にも良いのです。しかし、腹持ちが悪いといわれることもしばしばあります。
確かに、魚肉を使ったフードはすぐに消化してしまうため腹持ちが悪く、食べ過ぎてしまうという危険性があります。
ですが、逆に言えばそれだけ消化が良いということなので、内臓にもかなりやさしいのです。
ですので、魚肉を原料として使っているフードはダイエットに効果があり、更に健康にも良いといえるのです。


チキンが使われているフードもオススメ
チキンが使われているフードもオススメできます。
その理由の一つが、一般的な食肉の中ではもっとも脂質が低いという点です。使われている部位にも寄りますが、ササミは高たんぱく低カロリーであるということはご存知の通りです。人間でもダイエットフードとしてササミを用いる人は多いですからね。
そしてもう一つの理由が、腹持ちが良いという点です。
犬は肉食であるため肉を消化するのに特化した内臓を持っています。ですので先述の魚類を使ったフードはすぐに消化されてしまうと申しました。
しかし、チキンの場合は肉の中でも硬い部類に入ります。そのため、消化するのに時間が掛かるのです。
体内に長く滞在するので内臓に負担が掛かるのではと疑問に思う方も居ますが、肉であるので最終的には完全に消化されるため安心してください。


ラム肉が使われているフードは高たんぱく
ラム肉は肉類の中でも高たんぱくです。ですので、ラム肉を原料に使っているフードは非常に高たんぱくであるといえます。
たんぱく質は犬の骨格や筋肉の成長を促す上で欠かせない栄養素です。ですので、子犬の時からラムを使ったフードを与えていると成長に良い影響を与えてくれます。
そしてもう一つの特徴が、ラム肉はニオイが強いという点です。
ニオイが強いため、犬の食いつきガ非常に良いのです。ですので、なかなかフードを食べてくれないというようでしたらラムを原料に使っているフードに切り替えてみることをオススメします。そうすると、フードの拒絶から生じる栄養失調も防ぐことが出来る可能性があります。


犬用のオヤツにチーズ
ドッグフードにもオヤツが存在しますが、私はその中でもチーズを原料に使ったフードをオススメします。
牛乳にはカルシウムなど重要な栄養素が詰まっていますが、乳糖にアレルギー反応を示す犬も居るので実は結構危険なのです。ですがチーズのような発酵乳であれば発酵時に乳糖は殆ど消滅してしまうので安全なのです。
そして犬は、この発酵乳が大好物なのです。ですので食いつきもバツグンに良いです。
普段食べているフードに降りかけて使うような、犬用のふりかけとして犬用チーズを使うという方法もあります。
このようにして使うと、例えば薬を与える際にも食べてくれるのでかなり便利です。


ジビエドッグフード
ジビエ肉を原料に使ったフードもオススメです。
ジビエ、すなわち狩りによってしとめた鹿や猪の肉を加工した物です。
コレを使ったフード最大の特徴は、完全な無添加であるという点です。
いっぱんてきに販売されているフードの肉は、たとえその肉の原材料ともいえる畜産動物が無添加の状態であったとしても与えられた飼料に農薬等が含まれている可能性があります。
ですので、そういったものを与えることで間接的に添加物を摂取してしまう事になります。
しかし、ジビエ肉は自然界に存在する動物をつかった肉です。
ですのでそういった心配がない完全な無添加であるといえます。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細