森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

レトルトのドッグフード

子犬には大変重宝する
レトルトタイプのドッグフードは、子犬を育てていく際には大変重宝します。
何故かといいますと、非常にやわらかいため人間で言うところの離乳食として与えることが可能だからです。
歯が生えてきた位になるとドッグフードに切り替えていくわけですが、顎や歯の力が弱い子犬にはドライタイプのドッグフードは不向きです。セミドライタイプもまだそこまで消化能力が高いわけではないので難しいです。
ですので、レトルトタイプを与えると良いのです。
レトルトタイプは通常のフードに比べると消化にやさしいという面もあります。
ですので、まだ内蔵機能が成長段階の子犬にとっても消化しやすいのでオススメなのです。また、ドッグフードに慣れさせていくという面でも重宝します。


新鮮な食材を使っている物が多い
レトルトのドッグフードは、ドライドッグフードに比べると使われている食材の新鮮さが高いです。
ドライドッグフードの場合、フライ加工や焼き上げ加工を施すので水分がすべて抜けてしまい、新鮮さという面ではどうしても劣ってしまうのです。ですので、ドライドッグフードには生野菜などに含まれている消化酵素はあまり多く含まれて居ません。
しかし、レトルトタイプのドッグフードには消化酵素が多く含まれています。何故かといいますと、ドライドッグフードと違い水分が多いため、食材の新鮮さを保つことが出来るのです。
ですので、含まれている野菜も物によっては新鮮なまま含まれて居るため、消化酵素を多く取り入れることが出来るのです。


小型犬にもオススメ
そして、レトルトタイプのドッグフードは小型犬にもオススメできます。
小型犬は大型犬や中型犬と比べると、歯や顎の力が大変弱いです。
ですので、ドライドッグフードの場合は噛み砕くことが出来ずに丸のみしてしまいます。
その結果、フードはそのまま排泄されてしまうため栄養素を取り入れることが出来ないのです。
しかし、レトルトタイプであれば元々やわらかいフードなのでその心配はありません。噛む力が弱くても咀嚼は可能なので、きちんと消化され栄養素も吸収されます。
また、小型犬の中でもチワワやダックスフンドは一種類のフードだけですと食べなくなってしまうことがあります。これはフードに飽きてしまっている状態です。ですがレトルトのフードはニオイが強いため飽き性の多い小型犬でも食いつきが非常に良いですので、一種類だけでも食べてくれる場合が多いです。


老犬に与えると良い
また、老犬に大してもレトルトのフードはオススメできます。
老犬になると歯や顎の力が衰え、更に内臓機能も低下してしまい食欲が大きく減退してしまいます。
しかし、レトルトのドッグフードであれば食べやすく消化もしやすいためオススメです。
また、水分が多く含まれているので水分不足を防いでくれる役割もあります。
老犬になると、水を飲むことすら億劫になってしまうのかなかなか水分を取ってくれません。
ですので、フードを食べながら水分を摂取することが出来るレトルトのドッグフードは老犬にもオススメできるのです。


水分調節に気をつける
レトルトタイプのドッグフードを与える際には、水分量の調節が不可欠です。
先述のように、レトルトのフードには水分が多く含まれています。
そのため、レトルトフードを与える際は水分を普段と同じ量を与えた場合慢性的な下痢になってしまう恐れがあります。
コレは、水分を過剰に摂取してしまったことが原因です。
そのため、レトルトのフードを与える場合には与える水の量を調節する必要があるのです。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細