森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

魚介系ドッグフード

ドッグフードといえば、牛や鶏、ラム、ターキーなどばかりのように思っていましたが、魚を原料としたフードも多くなっています。
ニシン、サーモン、タラなど種類も豊富です。
ドッグフードとして考えた場合、多くのメリットもあります。

魚を主原料としたドッグフードは、高タンパク低カロリーです。ダイエットが必要な犬や体重管理に効果的です。消化にも良く、内臓への負担も少なく、身体の機能の低下した高齢犬などにも適しています。
肉の中でもラムやターキーは比較的アレルギー反応の出にくいものですが、魚はさらに出にくい食材ですので、動物系でアレルギー反応が出るようであれば、魚介系のドッグフードを試してみるといいでしょう。

また、不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸のDHAやEPAを豊富に含んでいます。血液をサラサラにしたり、中性脂肪やアレルギーの原因となるロイコトリエンを減少させ、心臓病や動脈硬化の予防効果もあります。
免疫力を高め、皮膚や被毛の健康と美しさを維持する働きもあります。
DHAは、脳の働きを維持し、記憶力を高める働きがあり、認知症の予防に優れた成分といわれています。

タウリンはホメオスタシス機能があり、血圧の安定化、肝臓の働きの再生促進、心筋の線維化を抑制したりという働きがあります。サーモンやエビ・カニに多く含まれるアスタキサンチンは、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があり、老化やがんの予防に有効です。
緑イ貝にはグルコサミンやコンドロイチンなども含まれ、関節の健康維持に効果があります。それ以外にも多くの有効な成分を含んでいます。
メリットがあれば、デメリットもあります。
肉よりも嗜好性が低く、食いつきがあまり良くありません。
従来のフードを混ぜて徐々に切り替えるといいでしょう。
また、肉に比べて消化性が高いということは、腹持ちが良くないということです。ドッグフードを与えすぎないように量や回数など管理する必要があります。
肉系のドッグフードと魚介系のドッグフード、それぞれにメリット・デメリットがあります。できれば、複数のフードを上手く取り入れる方が、健康管理もしやすくなるでしょう。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細