森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

ドッグフードの密閉容器

水分の少ないドライのドッグフードでも、開封した瞬間から酸化は始まりますので、愛犬が1ヶ月程度で食べきる量のものを購入し、密閉容器に収納しておくのが劣化を防ぐ方法としてはいいでしょう。

密閉容器には食材を保管するタッパーやペットフード専用の密閉容器、真空容器などがあります。
ウェットフードは基本的には使いきりサイズを選ぶ方がいいのですが、ドライフードに混ぜたりトッピングしたりすることで全量を使いきれない場合は、タッパーに入れて冷蔵庫に保存すれば、1日程度はそれほど風味も失われず大丈夫です。

ドライフードは、袋ごと収納できるサイズの密閉容器が便利です。ペットフード専用に作られた密閉容器にはふたの裏に乾燥剤や脱酸素剤を収納するスペースやフードを取り分けるスコップなどもついており便利です。毎回開閉するたびに劣化は進みますが、しっかり密閉できますので、効果は充分です。袋ごとでは開け閉めが面倒ということであれば、袋から出して容器に入れても大きな影響はありません。

タッパーを利用する場合、大小のタッパーを利用することもできます。1日分や数日分を乾燥剤と一緒に小さなタッパーに小分けし、それを大きなタッパーに入れるということです。小分けしたものを使っていきますので、他のものが空気に触れることがありませんので、劣化防止効果は高いものです。小分けされたものも、フードで満たすことによって容器の中の空気を少なくできますので、酸化が遅くなります。
最近多く見かけるようになった真空容器は効果の高いものです。電池式や手動式など、いろいろなタイプがありますが、価格は少し高めになります。保存中の効果は高いものですが、毎回のドッグフードの出し入れは面倒なものです。ジッパー付きのビニール容器に小分けして、1日分だけを取り出すようにしておくといいでしょう。1日1回だけであれば、それほど煩わしくもありません。
保存方法はご家庭に合った方法を選ばれるといいでしょう。保管場所は、直射に光を避けて、できるだけ温度や湿度変化の少ない冷暗所に保存してください。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細