森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

ドッグフードはいつあげる?

離乳食から約5か月程度の子犬の時は身体も成長段階にあり、たくさんのエネルギーは必要ですが、一度にたくさん食べることはできませんので、一日の必要摂取量を5〜6回に分けて与えます。
約5か月を過ぎ、約10か月から12か月、成犬になる頃までは3回、それ以上の成犬になったら2回にします。
3回の場合は朝昼晩、2回になったら朝晩の2回にします。
大方等間隔でおおよその時間も決めて与えるようにします。
大方の時間を決めることは、愛犬の生活のリズムを作ることになります。
きっちり時間を決めすぎると、犬は時計がなくても時間が分かりますので、落ち着かなくなったり、食事を催促することさえあります。
ある程度の幅を持たせることで、もうそろそろだなという程度になります。
散歩や運動の後にすると、食欲増進効果があり、食後もゆったりできますので、胃腸のためにも良いものです。
食事を食べる時間も20〜30分ほどと決めることも必要です。
出しっぱなしにしておくと、いつでも食べられると思いますので、きちんと食べなくなることがあります。
健康な犬であれば、1食食べなくても全く問題ありません。
いつまでもダラダラと食べることは健康上もよくありません。
空腹の時間を作ることも大切です。
胃腸が働き続けていると、胃腸も疲労し、食欲にも影響します。
食事にメリハリをつけることが健康にもつながります。
ドッグフードを出しっぱなしにしておくと、少し口にしたものは、唾液が付着してドッグフードの傷みは早くなり、時間の経過とともに風味も落ちていきますので、ますます食べなくなります。
高齢になれば、食事の回数を3〜4回に増やします。
身体機能が衰えてきますので、胃腸の働きも悪くなってきます。
活動量も落ちて吐きますので、必要な食事の量も減ってきますが、充分に消化できるように1回の量を減らして、回数を増やします。
7歳以上が高齢犬と言われますが、ドッグフードの発達が寿命も伸ばしていますので、年齢にこだわらず、食事を残すようになってきてから、回数を調整するようにしてください。
犬の生活リズムを飼い主の生活リズムに合わせると無理をする必要がありません。
飼い主の行動を見て犬も判断できますので、安心できます。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
キングアガリクス100

画像
サプリランキングNo.2
ビオワンファイン

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細