森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

タイプ別ドッグフードの選び方

ドッグフードには、ドライ、ソフト、セミモイスト、ウェットの4つのタイプがあります。
それぞれの特徴を活かして使い分けると、愛犬の健康維持にも役立ちます。
ドライフードは、含有水分量が10%以下で保存性や経済性に優れ、常用食として最も多く使われているタイプです。
固形になっているため、他のフードに比べ歯垢や歯石がつきにくくなっています。
また、お湯でふやかすと、歯が十分発達していない幼犬や歯が弱った老犬にも食べられるようになります。
ソフトドライフードは、含有水分量が約25〜35%ほどのしっとりとしたフードです。
ドライフードと同様に発泡させていますが、湿潤剤を添加してしっとりと仕上げています。
水分量が多いため嗜好性が高くなっていますので、食欲が落ちた時やおやつとしてあげるといいでしょう。
水分が多いために傷みやカビが生えやすいため、保存に注意が必要です。
セミモイストフードは、水分量が約25〜35%ほどで、発泡していない柔らかい食感のフードです。
水分を維持するために湿潤剤が添加されていますが、乾燥や傷み、カビ、腐敗の懸念がありますので、開封後の保存に注意し、早めに終わらせるようにした方がいいでしょう。
嗜好性が高めですから、食欲や噛む力の衰えた老犬などに適しています。
ウェットフードは、水分が75%以上のフードです。
缶詰やパウチなど様々な形態のものがあり、種類も豊富です。
内容物を充填後に加熱殺菌処理を行いますので、酸化の危険性が低いため、添加物は少なめになっています。
そのため、開封前は保存期間は長いのですが、開封後は劣化が早いため、できるだけ使い切るようにした方がいいでしょう。
含有水分量が多いので水分をあまりとらない犬の水分補給、嗜好性が高く食感もいいため食欲不振の犬の栄養補給、低カロリーなので太り気味の犬の減量、ムラ食いをなくすためなど、多様に使うことができます。
嗜好性が高いため、与えすぎると、ドライフードを食べてくれなくなることもありますので、時折ドライフードにトッピングするなどの工夫が必要です。
ドッグフードの種類は豊富にありますので、上手に使い分け、愛犬がおいしく食べられるようにしてあげましょう。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
キングアガリクス100

画像
サプリランキングNo.2
ビオワンファイン

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細