森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

野菜のみで作られたドッグフードのメリットとデメリット


ドッグフードは肉メインで作られたものが多いですが、主食だけでは補うことができない栄養を摂ることを目的として、野菜のみで作られたドッグフードが販売されています。
野菜には、良質なビタミン、カルシウムなど、健康を維持してくれる栄養が、たっぷりと含まれています。その他の良質な食物繊維が豊富に含まれており便秘解消や便秘予防につながります。適度に摂取することで、腸内バランスを整えてくれます。
この野菜のみのドッグフードは、肉を主原料とするドッグフードや手作りフードのトッピングとして使うことができます。野菜に含まれる栄養分が足りていない犬の栄養摂取や減量が必要な犬のカロリーカットやフードのカサ増しに使用します。なお、野菜のみのドッグフードは、犬にとって与えてはいけない野菜が一切使用されていないので安心できます。

野菜のみで作られたドッグフードのデメリットは、このフード単体では主食にはできないということです。野菜のみで作られたドッグフードを主食にすると、栄養が偏りすぎます。動物性タンパク質を一番必要とする犬には、野菜のみで作られたドッグフードだけを与えると、逆に健康に悪影響をもたらします。具体的には、消化が追いつかなくなり、腸内細菌が過剰になります。その結果、腸内にガスが溜まりやすくなります。

野菜のみで作られたドッグフードを与える際に注意しなければならないことは、犬が肉食よりの雑食動物ということを頭にいれておかなければいけないということです。犬にとって野菜は、本来それほど必要ではなく、動物性タンパク質がとれる肉類や魚がメインで、その補助的な位置付けと考えると良いでしょう。また、野菜なら何でも良いということはなく、犬にとって中毒を起こす野菜もあることを知っておかなければなりません。
ドッグフードとして作られているものは基本的には危険な野菜が使用されている事はありませんが、念のため、原材料に何の野菜が使用されているのかを確認することをオススメします。危険な野菜とは、玉ねぎ・ニラ・ネギ・らっきょう・にんにく・アボカドなどです。
以上のことを理解した上で、野菜のみで作られたドッグフードを上手にトッピングし飼い犬の健康維持に努めましょう。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細