森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

鹿肉のドッグフードのメリット

ビーフやチキンを使用した一般的なドッグフードでアレルギーを起こす場合、ラムやターキーなどのアレルゲンとなりにくい肉を使用したフードで対応しますが、それでもまだ症状が出る場合に鹿肉のドッグフードを利用する方が多くなっています。馴染みのない食材ということもあり、アレルギー症状を起こす可能性が低い食材です。
鹿肉は、高タンパク低脂肪低カロリーのヘルシーな食材です。タンパク質は牛肉の約1.7倍、豚肉の約1.3倍と高く、脂肪は牛肉の約17分の1、豚肉の約5分の1と低く、カロリーも牛肉の約3分の1とかなり低くなっています。

野生のため、抗生物質やホルモン剤などの薬品を使用していませんので、他の家畜よりも安全性は高くなっています。体温も他の動物に比べ5〜6度高いため、寄生虫や雑菌がつきにくいといわれています。
また、不飽和脂肪酸も豊富で、通常青魚に含まれているDHAも肉類としては珍しく含んでいます。
DHAは、脳機能を維持向上させる働きと同時に抗アレルギー作用、抗炎症作用、制がん作用、血中脂質低下作用、血圧降下作用、抗糖尿病作用など、多くの働きをしてくれる成分です。低カロリーな上に中性脂肪を減らす働きもありますので、肥満傾向の犬のダイエット食としても利用できます。消化吸収にも優れた、少量でも高タンパクでしっかりと栄養の摂れるフードですから、高齢犬にも適しています。
しかし、飼育されているのではなく、人に害を及ぼすということで駆除された野生の鹿で、そのうちの10%程度しか活用されていないということもあり、ドッグフードの原材料としては数に限りがあります。そのため、価格はプレミアムフードと同等、あるいはそれ以上に高くなっています。数も少ないため手に入りにくいのが現状です。鹿の生肉もドッグフードとして販売されていますが、獲れたての新鮮なものではありませんから、感染症などのリスクもありますので、愛犬に与えるのは避けた方がいいでしょう。
野生動物だから自然の力が生きた食材となっているのかもしれませんが、乱獲が行われないような仕組みを作り、ドッグフードの食材としても一般的になってくれることを期待しましょう。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細