森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

ドッグフードに含まれるビタミンの種類とその働き

ほとんどのドッグフードにはビタミンが含まれています。
原料から摂取できるビタミンもありますが、原材料表示を見るとそのままビタミンと表記されている場合がほとんどです。
ビタミンとは、生存に必要な栄養素のうち炭水化物や脂質、タンパク質を除いた化合物のことを指します。体の調子を整えるのに欠かせない栄養素になります。ほとんどのビタミンは体内で作ることができないので、食べ物から摂取する必要があります。
また、ビタミンは、炭水化物、脂質、タンパク質などの栄養素の働きを促進させ、健康を維持させる働きがあります。タンパク質は大きく分けて、油に溶ける脂溶性ビタミンと、水に溶ける水溶性ビタミンの2種類があります。その中にも様々な種類・分類があり、働き方はそれぞれ違います。

脂溶性ビタミンには、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンKがあります。
ビタミンAの働きは、成長促進や視覚の正常化、生殖機能の維持などがあります。また、抗酸化力が高いため、老化防止や抗ガン作用も認められています。

ビタミンDの働きは、カルシウムや人の吸収を促進し、尿中への排泄を減少させたり、血中のカルシウム濃度を高めたりします。

ビタミンEの働きは、抗酸化作用や繁殖機能の増強、免疫機能の強化や細胞を保護する働きがあります。

ビタミンKの働きは、酵素の補助や、血液凝固やタンパク質代謝などがあります。

水溶性ビタミンには、ビタミンB群・ビタミンCがあります。ビタミンB群の中でも細かな分類があります。

ビタミンB1はチアミンとも呼ばれ、神経系の機能を正常に維持するために必要なビタミンです。犬はこのチアミンを体に蓄えて置くことが出来ないため、日常的に摂取することが大切です。

ビタミンB2はリボフラビンとも呼ばれ、皮膚や被毛の質を高め、白内障などの目の病気の予防にも効果があります。

ビタミンB3はナイアシン、ビタミンB5はパントテン酸、ビタミンB7はビオチンとも呼ばれ、これらは皮膚を保護する働きがあります。

ビタミンB6はピリドキシンとも呼ばれ、様々な栄養素の代謝において多くの役割を果たしています。

ビタミンB9は葉酸とも呼ばれ、貧血予防や妊娠期の胎児形成に重要な役割を果たしています。

ビタミンB12はコバラミンとも呼ばれ、ビタミンの中で唯一ミネラルを含み、タンパク質の合成や赤血球形成を助ける役割を果たしています。

ビタミンCはアスコルビン酸と呼ばれ、骨の形成や、抗酸化作用の働きがあります。

ビタミンには多くの種類とそれぞれ生物の生存に関わる重要な働きを持っています。犬にとってビタミンは生きる上で欠かせない栄養素となりますので、ビタミンの種類が多いドッグフードを選ぶことをおすすめします。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

ドッグフード詳細