ドッグフードの素材は?

大切な愛犬の食事であるドックフードは様々な素材から作られています。
ドッグフードの種類によって原材料は大きく異なりますが、気をつけておいたほうがよい素材とポイントを紹介します。

記載されている素材に気をつける。
これはドッグフードに限らず、人間が食べる物にもいえることなのですが、成分表や原材料項目に記載されている情報は購入前にチェックするようにしましょう。
                                    
たとえば、タンパク源として使用されている肉ですが、何の肉が使われているか記載されているかどうかをチェックします。

豚肉や牛肉、鶏肉ではなく「肉」のみと表記されている場合があります。
特に問題があるとはいえないのですが、なるべく何の肉が使われているのははっきり表記されている物を選びましょう。
注意したいのが「肉粉」と記載されている場合です。
肉粉とは生肉の際に出る副産物です。
つまり本来廃棄されるもので、骨や骨髄、肉を粉末にしたものです。

骨が多く含まれている場合、消化不良を起こす事もありますし、栄養価も高いとはいえません。
ですので、与えすぎに注意する必要があります。
また、肉のほかには魚や豆類、穀物が原料として使用されています。
メーカーが販売している物はバランスもしっかりと考えて配合されていますが、ダイエット用のものなどはカロリー抑制の為に、栄養素が不足している場合があります。
ダイエットで身体を悪くする事にも繋がりかねませんので、しっかりと確認するのが大切です。

また、原料の質も大切です。
人間用の食材と同じレベルのものを使用すればどうしてもドッグフードの価格も高くなってしまいます。
ですので、比較的私達人間が使っている食材と比べれば質が劣っている事もすくなくありません。
しかし、それでもなるべく安全で良い物を選んであげたいですね。
例えば穀物やマメ科植物が使用されている場合、古いものが使用されていることもあります。
また、保存料に関しては素材にしようされた物は記載されませんので、可能な限りリサーチして買うものを選んであげましょう。

▼犬種別ドッグフードはこちら

Copyright (C) 愛犬の体調管理 All Rights Reserved.