森子の安全安心ドッグフード*口コミ比較の決定版*

犬のごはんを徹底検証!未病・アンチエイジングの為の無添加ホリスティックフードを見つける!

ドッグフードの知識を解説
画像
注目フード
ネルソンズドッグフード
グレインフリーで添加物不使用!
画像
グレインフリー(穀類不使用)!
カナガンのドッグフード
食いつきも良いのが特徴
画像
備えあれば憂いなし!
低額から始められるペット保険
「PS保険」
画像

仔犬向けのドッグフード

ドッグフードは様々な種類があります。
形態でドライタイプ、ウェットタイプがあり、さらに目的別として、仔犬用、成犬用、老犬用、ダイエット用、嗜好用のドッグフードがあります。
仔犬向けのドッグフードは他のドッグフードに比べてどのような違いがあるのでしょうか。

ドライタイプの仔犬向けドッグフード:
仔犬は成長するのに多くの栄養を必要としています。
体重に対する必要カロリーは成犬に比べて二倍ほどともいわれていますので、いかにエネルギーが必要かがわかると思います。
まず、仔犬は多くのエネルギーを必要とするほかに、まだ筋肉が未発達である為、噛む力が余り無いといえます。
ですので、成犬用のドライタイプドッグフードに比べて柔らかくなっていたり、砕けやすくなっていたりします。
食べ難いと感じる物は食べない事もあるので食べやすさの為の配慮であるといえますね。

また、仔犬は一度に食べれる量が成犬に比べて少ないです。
少ない食事量でいかに多く必要なエネルギーを賄うかが重要になってきます。
そのため、子犬用のドッグフードは栄養価もカロリーも成犬用に比べて高く設定されています。
これによって少ない食事量でも必要な栄養やカロリーを摂取する事ができるのです。
ただ、初めての食事として与えた場合、好んで食べようとしなかったりすることもあるのがデメリットといえるでしょう。

ウェットタイプの仔犬向けドッグフード:
ウェットタイプでは仔犬用のものもあります。
元々ウェットタイプのドッグフードは柔らかく味を感じやすくなっている為、食いつきもよくしっかりと食べてくれるのがメリットといえます。
ただ、問題なのが食品添加物が使われていることが多いという点です。
健康の為にも添加物などは避けたほうが良いですし、デリケートな仔犬ですとその影響もより心配なものにもなります。
子犬用のドッグフードに共通して言えるのがカロリーが高い為、成犬用に切り替えるのが遅くなると肥満の原因になってしまうという事です。
計画的にドッグフードを変えるようにしてあげましょう。

メインコンテンツ

安全製品一覧

画像
フードランキングNo.1
ネルソンズドッグフード

画像
フードランキングNo.2
カナガン ドッグフード

画像
フードランキングNo.3
NDFナチュラルドッグフード

画像
サプリランキングNo.1
グルコサミンプラス

画像
サプリランキングNo.2
ARA+DHA

画像
サプリランキングNo.3
ずっと一緒だワン

画像
ペット保険を考える
PS保険

画像
安心できる美味しい水
アクアクララ

その他